14級9号:腰椎捻挫(30代男性・兵庫県)

【事案】

自動車を停車中に、後方より走行してきた自動車に追突されたもの。

【問題点】

人身事故としての手続きをしておらず、物損事故として処理がなされていた。

治療費が打ち切られていた。

【立証のポイント】

神経学的検査所見については医師に検査をするが異常がなかった。画像もとくに問題なし。

人身事故証明書入手不能理由書を作成し、添付して申請。

受傷機転がやや心配ではあったものの、無事に14級9号が認定される。治療実績が評価されたものと思われる。

(平成25年1月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。