14級9号:外傷性頚部症候群(40代女性・神奈川県)

【事案】

自動車走行中、前車の追い越しをかけた際、前車が急に右折した為接触、路外逸脱したもの。

【問題点】

頚部から手指にかけてのしびれが深刻であった。しかし仕事を休むことができず、症状の軽減が進まないばかりか、週1程度の少ない通院日数では後遺障害を残すものとは到底思えなかった。過失割合においても事故証明書上、甲(責任が重い方)となっており、おまけに物損事故扱いだった。そして8か月が経過、保険会社の打ち切りは至近に迫る。

【立証のポイント】

後遺障害申請に向けて「非該当から14級認定へ」残り2か月の逆転計画を実行。
症状の軽減を図るためと治療実績のため、思い切って有給1か月を取って集中的な治療をしてもらう。並行して神経症状について主治医の協力のもと綿密な検査を進める。さらに申述書で「前半少ない通院→集中通院」の経緯について詳細説明を加え、説得力を加える。

結果14級獲得。充実した立証作業を完遂した価値ある14級と思う。

何級であろうと被害者には重大な問題。基本に立ち返る仕事でもあった。

(平成23年12月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。