14級:外傷性頚部症候群(57歳女性・茨城県) 

【事案】

【問題点】

【立証ポイント】
 自覚症状として「右拇指周辺のシビレ」があり、画像所見として「C5/6椎間板の後方膨隆、頚髄の扁平化(硬膜のう圧迫あり)」との記載はあるものの、突出で無いこと及び神経学的異常所見が存在しないことを理由に他覚的に証明されてはいないとの判断。
 最終的には、経年性の変性所見及び治療経過から14級9号の認定。(平成21年12月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。