14級9号:頸椎捻挫(30代男性・愛知県)

【事案】

横断歩道を歩行中、突然動き出した車に衝突された事故。

【問題点】

相談を受けた時点で、後遺障害診断書が保険会社にすでに提出されていたが、
本人が治療継続を望んだためいったん後遺障害診断書を回収、
医師の協力の下、数か月治療を継続し新たな後遺障害診断書を作成していただく。

【立証のポイント】

間違いのない後遺障害診断書を作成していただくよう医師に依頼し14級9号認定
                                    (平成24年8月) 

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。