14級9号:頸椎捻挫(30代女性・群馬県)

【事案】

側面衝突の事案。主治医とコミュニケーションがうまくいかない状況。

【問題点】

・MRI未撮影
・主治医と仲が悪く、通院・転院の選択で悩んでいる。

【証明ポイント】

神経学的検査が丁寧な病院をご紹介して転院。同時に3テスラMRIもコーディネートして異常確認、ただし神経学的検査の結果整合性に欠ける所見。全体像として14級9号妥当か。弁護士特約が使えないこともあり自身で紛争処理センターに出かけるとのこと。対応終了とした。

(平成24年11月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。