14級9号:頚椎捻挫(40代・神奈川県)

【事案】

バイクで信号待ち停車中、後続車から追突されて転倒。

【問題点】

痛みが治まらないのに相手保険会社が「もうそろそろ」と打ち切り攻勢。主治医に相談のところ、「後遺障害などないよ、診断書は書くまでもない」と言われ、真っ青になって相談会に駆け込んできた。

【立証ポイント】

「その主治医に会ってみましょう」
診断書の記載を断られるくらい、私たちメディカルコーディネーター(MC)にとって挨拶みたいなもの。案の定、一見頑固そうな医師も会って説明したところ態度を軟化、そしてきちんと検査と記載をしていただけた。何のことはない、話の分かるお医者さんでした。

誠意をもって行動すれば人の同意、信用が得られます。それがMCの仕事。

(平成24年10月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。