非該当⇒14級9号:頸椎捻挫 異議申立(30代男性・愛知県)

【事案】

自動車を運転中、渋滞で前の車が停止したため自身も停止したところ、後ろから追突される。

【問題点】

自身で後遺障害の申請するも非該当で、そのまま示談の話し合いをしている段階でのご相談。
症状固定からかなりの期間がたつが、固定後の通院実績がほとんどない。

【立証ポイント】

きちんと見てくれる整形外科を紹介し、転院していただく。
しばらく通院したのち、間違いのない診断書を作成していただき申請、
14級9号が認定される。

(平成25年3月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。