7級4号:高次脳機能障害(50代男性・愛知県)

【事案】

優先道路をオートバイで直進中、脇道から一旦停止を無視した車が出てきて衝突。

【問題点】

事前認定で申請するも、精査が必要として、一旦、認定審査を中止され、
資料一式が返送される。
今後どの様に進めていいか全くわからないとのことでご相談を受ける。

【立証ポイント】

もともと通院していた病院に同行し、精査検査のできる病院への紹介状を取り付ける。
検査のできる病院を紹介し、1から神経心理学検査や画像撮影などを行う。
その後、当初の病院に検査結果を持ち帰り、理想的な後遺障害診断書作成を依頼。
高次脳機能障害として7級4号の認定を受ける。

(平成26年1月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。