14級9号:頸椎捻挫(50代男性・兵庫県)

【事案】
自動車運転中に、後方より進行してきた自動車に追突されたもの

【問題点】
代理店様からのご紹介の案件で、事故早期からの対応であったため問題点らしい問題点はなかった。
医師も非常に強力的な医師であった。

【立証のポイント】
適切な時期でのMRI撮影の依頼や、レセプト分析、画像分析を毎月行う。
症状固定日には医師面談を行い、必要な所見をすべて記載した後遺障害診断書の作成を依頼。
特に問題なく14級9号が認定された。
やはり早期対応が重要! と改めて感じた案件である。
                                    (平成25年9月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。