14級9号:頸椎捻挫(30代女性・滋賀県)

【事案】
自動車運転中、停車時に後方より進行してきた自動車に追突されたもの

【問題点】
治療実績が著しく少なかった。(整形へ10回程度)
整骨院偏重の治療実績であった。
相手方の車が無保険であった。

【立証のポイント】
判決をとり、その後人身傷害保険へ請求をする方針でいくこととなる。
整形外科への通院をアドバイスし、適切な時期にMRI撮影の依頼を行う。
症状固定日に医師面談を行い、必要な検査所見を記載した後遺障害診断書の作成を依頼する。
無事に14級9号が認定された。
今後は訴訟に移行していく。
                                   (平成25年11月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。