14級9号:腰椎捻挫(50代女性・兵庫県)

【事案】
自動車運転中に、他車に追突されたもの。

【問題点】
後遺障害の部分ではそれほど大きな問題点はなかったが、相手方が無保険車であった。

【立証のポイント】
人身傷害に請求をかける方針でやっていくことを決定する。
医師が非常にクセのある先生でなかなか難しい医師面談であったが、最終的には問題のない後遺障害診断書の作成をしていただくことに成功。
治療費の打ち切りなどに対して、要所要所で対応。
被害者請求を行い、14級9号が無事に認定された。
今後は、弁護士が訴訟を行う予定である。
                                       (平成25年9月)                             

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。