14級9号:外傷性頸部症候群(50代女性・大阪府)

【事案】
市バスに乗車中、急ブレーキがかかりバス内で転倒したもの
【問題点】
受傷機転が判然としないため、認定はかなり困難であると予想された。
【立証のポイント】
受傷状況を事故発生状況報告書とは別に詳細に作成し、具体的にどのようにして受傷したのかをレポートとして作成し、添付した。
その他、医学的所見については他の頸椎捻挫の案件同様に対応、MRI、神経学的所見を受け、通院実績を積み重ねていただいた。
症状固定時には医師面談を実施し、後遺障害診断書の内容もNGワードが含まれないように完成をお願いした。
受傷機転がネックであったが、無事に14級9号が認定された。
                                   (令和元年10月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。