14級9号:右環指基節骨骨折(50代女性・大阪府)

【事案】

バイクで直進中に、突然左折してきた自動車に巻き込まれたもの

【問題点】

右環指のオーバーラッピングが見られた。

骨折部の関節面の不整を確認する必要があった。

【立証のポイント】

MRI撮影を依頼し、関節面の状態について明らかにする。

オーバーラッピングについては写真を添付。後遺障害診断書にもその旨ご記載いただいた。

14級7号の認定の可否が要点であったが、神経症状として14級9号の認定であった。骨癒合の状態からすると、14級9号の認定は残念ではあるが妥当であると思われる。

(平成27年1月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。