14級9号:腰椎捻挫(30代男性・大阪府)

【事案】

交差点で停車中に追突されたもの

【問題点】

リハビリ先の病院の選定に苦慮しておられた。

MRIを撮っていなかった。

受傷から間もない時期であり、どうすればいいのかまったくわからない、とおっしゃっていた。

【立証のポイント】

事故直後のご相談であったため、今後の通院実績の積み上げについてアドバイスを行い、通院計画を完成する。また、MRIの撮影を医師に依頼する。

特に問題なく進め、症状固定時には医師面談を行い理想的な後遺障害診断書の作成について依頼をする。快くご協力いただけたが、なかなか個性的な医師で説明にはやや困難を伴った。その甲斐あって、後遺障害診断書も問題のないものが完成。被害者請求を行う。14級9号が無事に認定された。

(平成26年12月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。