14級9号:腰椎捻挫(30代女性・兵庫県)

【事案】
信号待ちで停車中にトラックに追突されたもの

【問題点】
バレ・リューの症状が強く、また仕事の都合もあり、通院が非常に難しい状況であった。
保険会社や医師との関係が非常に悪い状態であった。

【立証のポイント】
弁護士に入っていただくことにより、相手保険会社との関係を改善する。
医師に対しては面談を行い、事情・症状を説明し、治療についての理解を得ることができた。
症状固定時も医師は丁寧に対応してくださり、治療も打ち切られることなく症状固定を迎えた。
申請を行い、無事に14級9号が認定された。
                                (平成26年5月)

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。