病院同行・医師面談

 このページでは、当事務所にご依頼頂いた場合に実施している病院への同行、医師面談への付き添いについてご説明致します。

病院へ付き添い、医師とお話し致します!

  • 医師に検査や診断書のことを言いづらい。
  • 必要な検査をしてもらっているのか分からない。
  • このままで後遺障害が認定されるのか不安だ。
  • 後遺障害診断書をちゃんと書いてもらえるか不安だ。

 このようなご不安をお持ちの方がいらっしゃいましたら、このページをお読み頂き、当事務所へお気軽にご相談ください。

交通事故の解決プロセス

 当事務所では、交通事故に遭われた被害者の皆様が適切な後遺障害等級を獲得できるようサポートしております。当事務所は、NPO法人交通事故110番と連携した活動を行っており、交通事故110番が開催する近畿圏の相談会では、実際に病院同行や被害者請求を行っている立場からアドバイザーとして参加しております。

病院同行・医師面談を行う意味

医師面談は重要です! 当事務所では、お怪我が完治するものかどうかを多数の相談実績と解決事例から推測し、完治が難しいと思える症状であれば、後遺障害獲得を視野に入れた治療計画を立てるべきであると考えています。何故なら、後遺障害等級認定よる金額は被害者様の経済面に大きく影響するため、今後生活していくためにはそれを考慮せざるを得ない現実があるからです。
 しかし、医師の仕事は治療が全てです。後遺障害は治療の結果不具合がのこってしまうことであるとも言えますので、医師が後遺症の残存を歓迎するわけがなく、従って、後遺障害診断書の記載は短く、不十分なものになってしまいがちなのです。
 そこで、我々の出番がやってきます。当事務所では、事前のカウンセリングに基づき、後遺症がのこる可能性を判断します。そして、可能性がある場合には、病院に同行して医師にお会いして後遺障害等級認定を前提とした検査を依頼したり、後遺障害診断書に漏らさず書いて頂きたい診断内容を伝えます。
 その他、我々は次のような業務を行います。

  • 主治医が交通事故や後遺障害の認定に理解・協力的であるか否か確認します。
  • 今後の被害者の治療計画について、主治医と共に確認します。
  • 必要に応じて転院先を探し、お連れします。
  • 医療機関の情報を積極的に収集し、顧客の対応に役立てます。
  • 他の医院の検査が必要な際は、主治医に紹介状を書いてもらいます。
  • 主治医に適切な時期に、後遺障害認定に必要な検査を依頼します。
  • 症状固定時期には理想的な後遺障害診断書の内容を医師に正しく伝えます。

より確実に等級認定を受けるために

 当事務所の業務は、完治する症状について後遺障害等級の認定を支援するものではありません。完治するのであれば、それを前提とした示談や訴訟による解決を支援することは当然のことです。
 しかし、交通事故においては、完治せずに後遺障害がのこってしまうお怪我が多いこともまた事実であり、そのようなケースにおいては、被害者の皆様が適正な等級認定が受けられるよう支援することを目的としています。
 このホームページ内でも各所で記載しているとおり、後遺障害が考えられる場合の交通事故解決においては、後遺障害診断書が非常に重要な役割を果たします。そして、その後遺障害診断書を書いてもうらう医師側にとって、後遺障害診断書が面倒なものであるということは、先に述べたとおりです。
 しっかりした後遺障害診断書を書いてもらうためには、十分な検査も必要であり、それらを総合的にサポートできるのが当事務所の最大の、そして他に類をみない強みの一つと自負しております。

 後遺障害診断書や、主治医への対応、必要な検査等でご不安なこと、お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

お問い合せはお気軽に!事務所へのアクセス方法はこちらから!
無料相談会のご案内はこちらから!後遺障害等級認定実績一覧高次脳機能障害のお問い合わせはコチラから!むちうちのお問い合わせはコチラから!当事務所がお手伝いできることについて