ファミリーバイク特約とは

ファミリーバイク特約は、自宅の自動車の自動車保険に付帯できる特約です。
125cc以下のバイクが対象となり、バイクそのものに任意保険をかける場合に比べて、保険料を安く抑えることができる傾向にあります。
本契約である自動車保険から対人対物賠償事故の補償に加え、人身タイプでは人身傷害保険が、自損タイプでは自損事故保険が適用可能となります。

三井住友海上のファミリーバイク特約の注意点

ファミリーバイク特約を付帯している場合、本契約の自動車の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていれば、ファミリーバイク特約の対象となるバイクで事故に遭った場合、自動車の弁護士費用特約を使うことができます。

しかし、三井住友海上の場合、弁護士費用特約が以下のように二種類に分類されています。
・弁護士費用特約・・・自動車事故に限らず、日常生活全般の被害事故(自転車同士の事故など)にも適用可能、一世帯に1台にセットすれば家族が所有している車にも適用
・自動車事故弁護士費用特約・・・自動車事故に限って適用可能、特約をセットした車以外には適用できない

このため、ファミリーバイク特約を付帯する際に注意が必要となるのです。
つまり、ファミリーバイク特約を付帯した本契約の自動車保険の弁護士費用特約が自動車事故弁護士費用特約であった場合は、バイクで事故に遭った場合に車の弁護士費用特約が使えません
このケースで、バイク運転中にも弁護士費用特約を適用するためには、
自動車の弁護士費用特約を、自動車事故弁護士費用特約から弁護士費用特約に変更する
ファミリーバイク特約をあきらめ、バイク自身に別途任意保険をかけてそこに弁護士費用特約をセットする
三井住友海上から他社に変更する
これらいずれかの対応が必要となります。

三井住友海上のファミリーバイク特約を契約されておられる方は、ぜひとも弁護士費用特約の内容についてご確認いただきたいと思います。
もし弁護士費用特約が『自動車事故弁護士費用特約』であった場合、自動車事故以外の事故(自転車同士の事故、歩行者と自転車の事故、など)の場合に弁護士費用特約が使えないことはもちろん、ファミリーバイク特約をつけたバイクで自動車事故に遭った場合でも弁護士費用特約を使うことができません。

交通事故無料相談では、自動車保険に関するご相談にも対応しております。
自動車保険を見直したい場合等、お気軽にご相談ください。

無料相談からはじめる交通事故解決

お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。