TFCC損傷

部位

TFCCは、「三角線維軟骨複合体」の略称で、手首の小指側の部位に存在します。(上図)
尺骨の突起上に位置し、尺骨への衝撃をやわらげるクッションの働きや、曲げる、ひねる、などの手関節の重要な動作の動きを担っています。

発症原因

手関節へ衝撃を受けることにより、TFCCが損傷をします。
事故受傷以外では、ゴルフクラブを振るなどの反復運動により軟部組織が摩耗し、TFCCが損傷してしまう場合や、加齢による組織の変形によってTFCC部分に疼痛が発生する場合などがあります。

治療方法

多くの場合、保存療法が選択されます。
サポーターやギプスで手関節を固定し、安静を保ちます。
保存治療から三か月経っても症状の改善が得られない場合は、手術が考慮されます。
疼痛を軽減させるためには、手関節をまっすぐ固定したうえでベンチプレスやアームカールによって、筋力トレーニングを行うことも必要です。

後遺障害

TFCCは軟骨ですので、MRIによって立証します。しかし、TFCCは場所的に、非常に画像に捉えにくいのです。
MRIによる画像が弱い場合は、造影MRIで立証します。
後遺障害としては、手関節の機能障害として認定がなされます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。