正しい等級認定は適切な賠償金を受け取るのに重要です

交通事故によるお怪我で後遺症が残ってしまった場合、それが後遺障害として正しく認定されるか、または何級で認定されるかによって、その後に得られる賠償の金額は大きく変わります。
後遺障害とは、お怪我が治りきらずに残ってしまった症状(後遺症)のうち、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の補償の対象となるものであって、医療用語ではありません。
「検査が足りない」「時間が経ちすぎている」「適切な通院をしていなかった」などの理由で、後遺症が残っているにもかかわらず事故とお怪我の因果関係が立証されずに後遺障害等級が認定されなかったり、低い等級しか認定されなかったりで、本来受け取るべき賠償額を得られていない方がいらっしゃいます。
当事務所では、そのような方を一人でも減らすべく、適切な後遺障害等級が認定されるよう、受傷後治療の段階からサポートを行っています。
後遺障害の申請が可能なのは、「これ以上治療を続けても改善が見込まれず、一進一退を繰り返す状態」と診断がなされてからで、目安は事故日から6か月後です。この診断を後遺障害診断といい、また症状固定といいます。
症状固定までに受けることができる補償は、治療費や通院交通費、そして通院したことに対する慰謝料(通院慰謝料)です。
後遺障害等級が認定されると、後遺症が残存したことに対する慰謝料(後遺障害慰謝料)、後遺症による仕事の能率低下による損失(逸失利益)を追加で請求することが可能となります。
後遺障害慰謝料や逸失利益は、等級によって金額が大幅に変わるため、1級の差であっても賠償額に大きな差が出ます。したがって、残存した症状について適正な後遺障害等級が認定されるかどうか、は賠償額を大きく変動させる大きな要素であるのです。
無料相談

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。