後遺障害の立証は早期の対応が不可欠【外傷性頸部症候群の場合】

後遺障害の立証は、できる限り早期に対応していくことが望ましいことは前回の記事【肩腱板損傷の場合】でも述べました。 後遺障害の立証は早期の対応が不可欠【肩腱板損傷の場合】 今回は、交通事故外傷で7割以上を占める外傷性頸部症 … 続きを読む 後遺障害の立証は早期の対応が不可欠【外傷性頸部症候群の場合】