足関節の外傷と3DCT

CTの有用性の一つとして、骨癒合の確認に優れている点が挙げられます。
MRIでは判然としない骨癒合の状況が、CTでは容易に可能であることが少なからずあり、また3DCTによって立体画像として360度から確認可能であり、このことは足関節の外傷においても当てはまります。

足関節脱臼骨折を例に

足関節脱臼骨折の場合、3DCTを用いることで関節面の確認、骨折部の転位の把握が明瞭となり、骨折線の走行、骨片の状況まで確認可能です。全方向からの確認が可能であるため、全体的な形態の把握が容易となります。

距骨骨折を例に

距骨骨折は周囲が関節面となるため、非常に重傷です。
治療が困難な骨折であり、壊死を生じやすい骨折であるため、骨折型や転位の程度の把握は、後遺障害についての予測にももちろんですが、治療上でも非常に有意な情報となります。
一つの基準としては、骨折が距骨下関節面に及んでいるかどうか、がポイントになります。
骨折が距骨下関節面に及んでいる場合は、非常に重篤であるため、10級11号の認定を視野に入れた立証が必要となります。
その把握に、3DCTは非常に有用です。
MRIでは、出血、浮腫が画像に描出されるため、不鮮明な画像所見となってしまいます。

踵骨骨折を例に

関節面の陥没の程度、外側壁の突出を捉えるのに3DCTは非常に有用です。
ただ、骨折線の走行について把握するには従来の2DCTが適しています。
術前は2DCTで確認、術後は3DCTが用いられているケースが多いようです。外形的な変形については3DCT、陥没した関節面の評価については2DCT、といったように使い分けることが必要となります。
いずれにしても、足関節の外傷の中でも最も3DCTの恩恵が大きい傷病名であると言えます。

まとめ

CTは確かに、軟部組織の描写が不得手であるため、MRIより有用性が低いと捉え勝ちです。
しかし、MRIは炎症、出血、浮腫を画像として捉えるため、骨折部の正確な把握が逆に困難となる場合があり、また骨折部は骨癒合が完成した後でも低信号として描出されるため、骨癒合の程度の把握には適していません。
MRI、3DCT、2DCTそれぞれの特徴を理解したうえで、検査の目的を明確に遂行することが可能な選択をそれぞれ行っていくことが大切であると言えます。
ドクターも相談会に参加します!
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。