高次脳機能障害 神経心理学検査とは④

空間認識

コース立方体 視覚構成検査
各面が赤、白、青、赤と白、青と黄な塗り分けられた一辺3センチの立方体を組合せて、難易度順に並べられた17問の模様を作る課題です。

遂行機能

遂行機能とは、行動を計画し、立案し、実行する機能です。日常生活で何らかの問題に遭遇した際、それを解決していくために動員される、一連の複雑な認知・行動機能の総称です。

・DEX(The Dysexecutive Questionnaire)
遂行機能障害と関連して生じることの多い一連の問題を拾い出すために作成された20項目の質問表です。
行動に関する項目 (考えずに行動し頭に浮かんだ最初のことをする、など)
認知に関する項目 (何かをやり始めたり話し始めると何度も繰り返して止められない、など)
情動に関する項目 (物事に夢中になりすぎて度を越してしまう、など)

平均点・・・本人27.21 SD14.48 家族32.85 SD15.98

次回も遂行機能の神経心理学検査について続きを書きたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。