治ゆの意味について(診断書分析の重要性) ~交通事故による後遺障害において~

皆様は、『治ゆ』と聞くと、症状が治った、とか症状が改善した、というような状態を思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし、労災保険でいう『治ゆ』とは(自賠責保険は、労災保険を準用しています)、身体の諸器官や組織が健康時の状態に完全に回復した状態だけをいうものではなく、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた医療(労災保険の療養の範囲)を行っても、その医療効果(症状の回復・改善)が期待できなくなった状態をいい、この状態を治ゆ(症状固定)といいます。

つまり、治療を施しても、症状の程度が一進一退を繰り返すのみで症状そのものの改善が得られない状態を『治ゆ』といいます。
ここで、大きな問題があります。
まず、医学上一般に認められた医療、というのはどのような医療を言うのか? という問題です。
ズバリ申し上げますと、(六か月間以上の労災保険の療養の範囲内の治療)ということです。つまり、六か月間は医療効果が期待できる期間、ということになります。

ここで、大きな落とし穴にはまってしまっている被害者様が多いのです。
それは、六か月以内の診断書に、『治ゆ』と診断されてしまっているケースです。
この場合の治ゆは、【医療効果が期待できる期間内での治ゆ】ということになりますから、この場合の【治療効果が得られない状態】とは、【健康時に回復した状態】を意味することとなります。
したがって、六か月以内の診断書に『治ゆ』と診断がなされることは、後遺障害獲得の観点からすれば致命的なのです。

この場合の対処は、できる限り早期に医師面談を行い、症状を説明して訂正していただくほかありません。
しかし、かなり時間が経過してしまった状態からの訂正は、非常に難しく、当時の症状の状態も確認しようがないので訂正には応じられない、となる場合が多いのです。

このことからも、できる限り事故から早期でのご相談を推奨させていただいています。
診断書・レセプトの分析は、絶対に必要です。
できる限り早期の段階で対応を開始してください。

損害賠償
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。