医師面談で後遺障害診断書の案を提示する意義

私どもは、少なくとも症状固定時には医師面談を行います。
医師面談において、それが症状固定日の医師面談であれば、後遺障害診断書の案を作成し、医師に提示をさせていただいています。
その意義はどこにあるのでしょうか?

私どもが申し上げるまでもなく、交通事故の賠償額算定においては後遺障害等級が重要な要素となります。
ところが、医師は後遺障害診断書の書き方に必ずしも明るいわけではなく、被害者の症状の実情が完全に反映されていない後遺障害診断書が作成されてしまうことが、少なからず見受けられます。

ここで、後遺障害診断書についての見識を持っていると、後遺障害診断書において必要不可欠な要素の記載をお願いするなど、より被害者の実情に沿った後遺障害診断書の完成が見込まれるのです。
被害者に寄り添い、理想的な交通事故解決を目指すうえで、損害賠償額の土台となる後遺障害等級、さらにその等級の認定の柱となる後遺障害診断書についての考察・対策は、絶対に欠かすことのできない仕事であると私どもは確信しています。

後遺障害診断書の作成こそが勝負どころ!
こういう認識が、交通事故業務に携わるすべての法律家にとって必須であると私どもは考えています。

無料相談

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。