脊髄損傷による障害

認定について

外傷などにより脊髄が損傷され、対麻痺や四肢麻痺が生じたときには、広範囲にわたる感覚障害や尿路障害などの胸腹部臓器の障害が見られます。
さらに、脊柱の変形や運動障害が見られることもあります。
このように脊髄が損傷された場合は、複雑な諸症状を示すことが多いですが、脊髄損傷が生じたときの後遺障害等級認定は、脳の身体性機能の障害と同様に身体的所見およびMRI等によって裏付けることができる麻痺の範囲、程度により等級が認定されています。
ただし、脊髄損傷に伴う胸腹部臓器、脊柱の障害による等級が麻痺による等級を上回るときには、それらの障害については総合的に評価され等級が認定されます。
脊髄損傷による障害が別表Ⅱの3級以上に該当するときは、介護の要否および程度をふまえて認定されます。

脊柱に外力が加わることにより、脊柱の変形等が生じることがあるとともに、脊髄の損傷が生じたときには、麻痺や感覚障害、神経因性膀胱等の障害が生じます。
このため、脊髄の損傷による障害に関する認定基準は麻痺の範囲と程度に着目して等級を認定するものとされていますが、各等級は通常伴うそれらの障害も含めて認定されています。

馬尾神経について

脊髄は、解剖学的にはL1より高位に存在し、L2以下には存在していませんが、L2以下の脊柱内の馬尾神経が損傷されたときも、脊髄損傷の障害である下肢の運動麻痺、感覚障害、尿路機能障害または腸管機能障害等が生じることから、脊髄損傷に含めて運用されています。
広義の脊髄損傷には馬尾神経損傷が含まれるているのです。
腸管機能障害とは神経因性直腸障害のこと、L1とは第一腰椎、L2とは第二腰椎のことです。

他覚的所見について

脊髄の障害については、近時のMRI等の画像診断の進歩により、損傷程度、損傷高位、横位診断を確認するにあたって画像所見の有用性が高まっていることから、麻痺の範囲と程度については画像所見による裏付けが必要となります。
また、脊髄症状については他覚的な神経学的所見との整合性が求められます。

軽微な、とは?

自賠責保険のいうところの軽微な麻痺とは、労務に服することができない程度には至らない四肢麻痺、または極めて軽易な労務の他に服することができない程度には至らない対麻痺、を言います。
軽微な対麻痺に至らない程度の脊髄損傷(運動性、支持性、巧緻性に支障がほとんどでない程度の軽微な麻痺を残すもので、軽微な筋緊張の亢進が認められるもの)については、12級が認定されています。

kurumaisu_soft_s

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。