脊椎の外傷と3DCT

脊椎外傷とCTによる立証について

脊椎の外傷では、特に急性期において3DCT撮影が有用です。
よく、骨癒合の確認のために、症状固定時期に3DCTの撮影で立証が大切であるする専門家が多いですが、私は急性期にこそ3DCTが有用であると考えています。

まずは、3DCTがなぜ有用であるのか、という点についてですが、ズバリ、余分なパラメータを除去できることです。
他の関節する組織を除外して確認することが可能なため、レントゲンでは見られない所見も描出することが可能なのです。
頸椎脱臼骨折で下位頸椎の場合であると、骨折・脱臼の形態がレントゲンでは不明瞭となります。しかし、3DCTでは関節面の描出が可能であるため、頸椎骨折の椎体後方骨片に関する所見が得られ、その後の治療上非常に有用となるのです。
手術の適用が必要かどうか、など今後の治療方針にかかわる情報が得られるため、3DCTは急性期においてこそ、その有用性を発揮するのです。

胸腰椎損傷と3DCT

圧迫骨折では、レントゲンの場合後壁損傷を伴う骨折を見おとす可能性があり、その場合において3DCTは非常に有用です。
破裂骨折の場合は、レントゲンでは陥入骨折が明らかでなく評価が難しい場合に、3DCTで評価が可能となります。
レントゲンでは証明できなかった陥入骨折を立証できる場合があります。
脱臼骨折では、椎弓、椎弓根、棘突起、関節突起などの骨折を伴う場合、その評価がレントゲンでは難しく、骨折形態、骨折の連続性を把握するためには3DCTで描出することが有用となります。
それらは急性期でなければ獲得できない情報であるため、急性期の3DCTは非常に重要です。

まとめ

3DCTは、骨の状態を把握するという用途においては、他の画像診断よりも正確で、明瞭に描出が可能です。
頸椎の外傷においては、脊髄の損傷等を明確にするため、MRI画像が必須です。
それに加えて、骨折を伴う場合には3DCTで骨の状態を明確にすることで、立証はさらに万全となります。
ヘリカルCTの登場で、撮影時間も劇的に短縮されており、被害者の負担も大きく軽減されています。
骨折を伴う頸椎の外傷において、3DCTはMRIのみならず重要な立証手段であると言えます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。