任意保険の年齢条件から外れる運転者から被害に遭ったケースについて

任意保険の年齢条件から外れる運転者によって被害に遭い、被害者が補償を受けられないケースは昔から何度も起きていました。
保険会社はこれを回避できる特約を設けています。
この特約には『年齢条件特約の不適用に関する特約』『運転免許取得者に対する賠償損害自動担保特約』の二種類があり、各損保会社によって選択されています。
外資系は『自動担保特約』もしくは『この特約なし』が多いです。
これらの特約は自動担保が基本です。つまり、自動車保険の契約に自動的に附帯されています。
しかしながら、約款の隅っこに書かれているだけで、保険証券やパンフレット等には記載がなされていないケースが目立ちます。
それでは、この二種類の特約について説明します。

『年齢条件特約の不適用に関する特約』

1.「年齢条件に違反」して被保険自動車を運転して起こした事故を補償します。 
2.「対人賠償」か「対物賠償」のみ補償
3.「家族か否か」、「免許を取ってからの期間」などの条件はありません。
4.年齢条件に適合した本来負担すべき保険料と、実際に負担した保険料との差額に応じて保険金は減額されます。
  (全年齢:35歳未満不担保≒100:50)
5.「記銘被保険者・本人が年齢条件を満たしていない」場合は、そもそも適用できません。

主な採用損保・・・東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和

『運転免許取得者に対する賠償損害自動担保特約』

1.「免許を新たに取得した家族」が「年齢条件に違反」して被保険自動車を運転して起こした事故を補償します。適用には保険会社の承認が必要です。
2.保障の対象となるのは、
  ・記名被保険者の配偶者・同居の親族(記名被保険者またはその配偶者の親族)
  ・別居の未婚の子(記名被保険者またはその配偶者の子)
3.「対人賠償」と「対物賠償」のみ補償します。
4.支払われる保険金に『年齢条件特約の不適用に関する特約』のような減額はありません。
5.免許取得後30日以内に保険の異動手続きを書面で行う必要があります。(掛け金の追徴が生じます)

主な採用損保・・・損保ジャパン

slide3take1

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。