むちうちで後遺障害等級認定を受けるためには

むちうちで等級認定を受けるためには、どのような要素を満たす必要があるのでしょうか。
治療を続けても症状が一定程度残存したのなら、なるべくなら等級認定を受けて、賠償してもらいたいと思うのが当然の人情です。
ですので、認定のための要素について知っておく必要があります。

巷のホームページでも、いろいろ書かれていますね。
「画像所見が決め手である」「検査所見が決め手である」「後遺障害診断書が重要である」など。
これらは、間違いではありませんが、「決定的な要素」とは言えません。

MRI所見上、特筆すべき所見がない場合であっても認定されていますし、スパーリングテスト、ジャクソンテスト等の検査所見が正常を示していたとしても認定されています。また、これは・・・と思うような不十分に思える後遺障害診断書であっても、認定されているときは認定されています。

それでは、何が「決定的な要素なのか?」
それは、
・主治医の意見(医療照会への回答)
・治療実績
・受傷機転(事故状況)
です。

どんな検査所見、画像所見が得られていたとしても、受傷機転(事故状況)が軽微なものは認定されることはありません。
こすったような事故や、ほとんど破損のない追突事故などがこれにあたります。
ただし、急ブレーキを踏んだ、自転車から転倒した、などの状況はまた別です。

そして、著しく通院回数が少ないもの、主たる通院先が整骨院・接骨院であるものは認定されません。
よほど受傷機転が大きいものについては、これらの状況でも認定されていることはありますが稀です。
ほとんどないケースを取り上げて、「いや、認定されてますよ」と反論する行政書士などもいますが、例外をピックアップして説明してどうするんだ・・・といつも思います。

そして、やはり主治医の意見は絶大です。どんなにこちら側にとって理想的な後遺障害診断書を仕上げていただいたとしても、医療照会に対して医師がこちらの意図せぬことを回答していたら、それでは認定されることはありません。
つまり、後遺障害診断書の完成度も決して重要でないというわけではないですが、それよりもはるかに重要な要素は主治医の意見・お考えそのものなのです。

むちうちの認定は、「信用性の積み重ね」です。
その信用性を測るために、受傷機転、主治医の意見、治療実績が重点的に審査されるのです。
考えてみれば当然です。調査事務所は、「事故による症状」について審査しようとしているのです。
その際に、「どのような事故であったのか」「実際に被害者を直接見て治療を担当している医師はどういう意見か」「その被害者はどの程度リハビリ通院をしているか」について注目するのは、考えてみればごくごく自然なのです。

昨今はさまざまなホームページで、「画像所見」や「検査所見」についての重要性ばかり主張しているものが目立ちますが、まったく理解できていないと言わざるを得ません。
専門性を強調するために、あえてそのようなホームページにしているのだと思いますが・・・

重要なのは、「症状の信用性」です。この信用性をどこまで高めることができるのか、にかかっています。
受傷機転についてはあまりタッチすることができない要素ですが、主治医の意見については、医師面談を行い医師と意見を共有していく必要性が絶対に不可欠なのです。
そして、画像所見や検査所見は、信用性を高めるためのあくまで一要素に過ぎません。
さまざまな要素をできる限り満たしつつ、トータルで勝負しなければなりません。これが、むちうちの立証作業の要です。

後遺障害の立証といっても、すべて同じではなく、大きく分けて3つに分類できます。
・むちうち
・器質的損傷(骨折や靭帯損傷など)
・頭部外傷
です。
むちうちは大多数でありながらも、立証作業としては頭部外傷と同じく、特殊な作業・視点が必要です。
骨折などと同じような考え方ではダメなのです。

slide3take3

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。