MTBI(軽傷頭部外傷)

17日、18日の土日の二日間、東京で行われている首都圏相談会を研修で参加してまいりました。

土曜日は朝9時から夜の8時近くまでびっちり相談会で、その後は食事後に深夜0時頃まで今後の取り組みについて皆で議論を行い、翌日は朝の8時から会議、と非常に濃密な二日間でした。

NPO法人交通事故110の宮尾先生、協力行政書士の秋葉先生(東京)、山崎先生(茨城)、上野先生(福岡)、おつかれさまでした。色々教えていただき、非常にありがたかったです。

私たちの協力体制は、発足したのが今年なのでまだ一年弱ですが、その割にはたいへんな成果が残せたと思っています。ですが、来年は今年の比にならないような発展をお見せできるのではないかと考えています。我々が進化していくことで、より多くの交通事故被害者様のお力になれればと考えております。

来年に向けて、様々な取り組み、企画が既に水面下で進行しています。がんばります。

さて、MTBI(軽傷頭部外傷)について少し話題にさせていただきたいと思います。MTBIは、現時点において自賠責後遺障害認定の対象となる傷病ではありません。医者が障害診断を下していない傷病について、我々が後遺障害として立証をしていくのは不可能なのです。そしてその被害者がMTBIであるかどうか?を我々が判断することもできるはずがないのです。

私たちは、自賠責後遺障害等級の認定のための立証をするために日々努力しています。自賠責後遺障害認定の対象でない傷病を立証することはその段階で不可能であることがおわかりいただけるかと思います。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。