胸鎖関節脱臼の被害者様への対応について

大型バイクでツーリング中、左カーブ地点でセンターラインオーバーの対向車との衝突を避けるため、右に急ハンドルを切り、崖下に落下した被害者で、バイクから転倒した際に、右肩部を損傷されたとのことです。
診断書には、右胸鎖関節前方脱臼、第1肋骨骨折と記載されていました。

胸鎖関節は、鎖骨近位端が胸骨と接する部分で、先に説明した肩鎖関節の反対に位置しています。
胸鎖関節は、衝突や墜落などで、肩や腕が後ろ方向に引っ張られた際に、鎖骨近位端が、第1肋骨を支点として前方に脱臼すると言われています。

受傷から2ヶ月経過の段階で、交通事故無料相談会に参加されました。
鎖骨の近位端部は、少しですが前方に飛び出しており、裸体で確認ができました。
突出部に圧痛が強く、右肩は下垂し、右肩関節の外転運動は75°でした。

自宅近くの整形外科・開業医に転院、リハビリ治療を続けた結果、受傷6カ月目で、脱臼部の圧痛の緩和、外転の可動域が120°まで改善したので症状固定を選択、右鎖骨近位端の変形と痛みで12級5号、右肩関節の機能障害で12級6号、併合11級が認定されました。

胸鎖関節脱臼における後遺障害のポイント

1)肩関節の可動域
受傷2ヶ月目の外転運動は85°、2分の1以下で10級10号に相当するものでした。
しかし、4カ月間のリハビリ治療で外転120°まで改善したのです。
135°以上なら、機能障害は非該当になります。したがいまして、症状固定のタイミングが非常に重要な要素となります。
関節の機能障害では、症状固定時期の選定について十分な検討が必要です。

肩関節から最も離れた部分の脱臼で、どうして肩関節に機能障害を残すのか?

相談当初から、このことに疑問を感じていました。
そこで、右鎖骨全体のCTを実施、3Dで右鎖骨の走行に変化が生じていることを確認したのです。
鎖骨の走行に変化が生じていれば、肩関節に機能障害を来しても不思議ではありません。
ここが後遺障害の立証においてポイントとなりました。

肩関節は、上腕骨頭が肩甲関節に遠慮がちに寄り添う構造です。
肩甲骨は、鎖骨にぶら下がっている形状で、胸郭=肋骨の一部に乗っかっています。
つまり、肩鎖関節と胸鎖関節、肩甲骨の胸郭付着部は3本の脚立の脚となっているのです。
胸鎖関節の脱臼により脚立の脚が1本ぐらついたのです。
それを理由として、胸鎖関節から最も遠い位置の肩関節に機能障害が発生します。

胸鎖関節

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。