交通乗用具に乗車中の受傷とは

人身傷害保険等、自動車保険には『他の交通乗用具に乗車中の受傷』にも適用される場合があります。
では、この交通乗用具とはいったい何でしょうか。

交通乗用具とは

・自転車搭乗中の自損事故
・歩行中や自転車搭乗中、他の自転車との交通事故
・一般的な乗り物(バス、電車、飛行機、船、モノレール、ケーブルカーなど)
・変わった乗り物(ヘリコプター、グライダー、飛行船、ロープウェー、椅子付きリフト、人力車、そり、エレベーター、エスカレーター、動く歩道、車椅子、ベビーカーなど)

上記の場合は、交通乗用具として適用されます。
例えば、エスカレーターで怪我をしたとき、人身傷害保険が適用される場合があります。

適用されない乗り物

・気球、パラシュート、ハングライダー、ジェットコースター、セーリングボート、サーフボード、ゴムボード、一輪車、スケートボード、キックボード、メリーゴーランド、ゴーカート、立体駐車場のリフト、など
これらは、交通乗用具には含まれません。

交通乗用具特約について

以前は、すべての保険会社が交通乗用具特約を補償内容に含んでいましたが、現在は東京海上、損保ジャパンなどは約款改定で削除しています。
自転車の単独事故での支払いが多く、不正な請求も多かったための措置であると考えられています。

三井住友海上の交通乗用具事故特約、あいおいニッセイ同和の交通事故特約、富士火災のFAP基本補償、全労済の交通事故危険補償特約などでは、現在も交通乗用具特約を残しています。

自賠責保険

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。