急性硬膜外血腫について

急性硬膜外血腫

頭蓋骨と、頭蓋骨の内側で脳を包んでいる硬膜の間に出血がたまって血腫になったもので、多くは硬膜の表面に浮き出たように走っている硬膜動脈が頭蓋骨骨折に伴って傷つき、出血して、硬膜と頭蓋骨の間に溜まって硬膜外血腫になります。

頭部の断面
硬膜外血腫

左側の凸レンズ状に白くなっている部分が急性硬膜外血腫です。
傷病名が急性硬膜外血腫のみにとどまり、大きな意識障害の伴わないもの(脳損傷が画像上認められないもの)については、自賠責では高次脳機能障害としての評価は非常に厳しいと言わざるを得ません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。