『後遺症』と『後遺障害』

リーフ行政書士事務所は、『後遺障害』の立証の専門事務所です。
皆様は、『後遺症』と『後遺障害』の違いをご存知でしょうか。
『後遺症』は、治療を行った結果残ってしまった体の障害をいいます。
『後遺障害』は、後遺症の内、自賠責の補償の対象となる後遺症のことを言います。

つまり、『後遺症』を証明しても、補償や慰謝料は得られません。
『後遺症』ではなく、『後遺障害』を立証しなければ、被害者は補償を十分に受けることができないのです。
医師が診断しているから大丈夫?
ヘルニアの画像所見があるからもう認定は確実?

そんなことはありません。
それはまだ、『後遺症』の世界の範疇です。
『後遺症』として認定されても、補償は受けることができません。
『後遺症』から『後遺障害』へと、デザインしていかなければならないのです。
そのためには、自賠責のルールをしっかりと研究し、治療費を負担する保険会社の考え方にも配慮しなければなりません。

痛みは残った・・・、でも補償は受けられない・・・
そういった被害者様を一人でもなくすため、私たちは今後も、『後遺症』の専門家ではなく、『後遺障害』の専門家として活動を続けてまいります。

交通事故で通院しているけどこのままでいいのか?
いまのままの検査や医証でじゅうぶんなのか?
今の保険会社への対応の仕方が間違っているのかどうか聞いてみたい
など、交通事故の入院中や通院中にお困りでしたら、ぜひフリーダイヤルで無料相談をお申込みください。
疑問にお答えさせていただきます。

無料相談からはじめる交通事故解決
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。