医師は「治療」、等級認定は「証拠」が検査目的です

後遺障害の認定に必要なのは、事故によるお怪我が原因で後遺症が残ったという「証拠」です。
それは、治療に必要な検査だけでは十分ではありません。例えば脳挫傷やくも膜下出血など頭のお怪我の場合、脳の総合的な機能を測るたけに医師はWAISと呼ばれる知能検査を実施します。しかし、後遺障害の認定のためには、WAISだけでは十分ではなく、地図が読めなくなった、人の顔だけ覚えることができなくなった、流暢に話すことができなくなった、などどのような能力がどの程度低下しているのかを検査し、客観的な証拠を集める必要があります。
それらの検査は、直接治療には結びつかないものも多く、医師によっては必要性を感じずなかなか検査の実施に応じていただけないケースもあります。しかし、医師が検査を怠っているわけでは決してありません。治療上必要かどうか、を医師は考えておられているのです。
治療費は、保険会社が負担するものです。治療費が発生してしまう以上、必要のない検査は実施すべきではない、という医師のお考えも尊重されるべきものです。
しかし、後遺障害の認定において集めておくべき証拠についての検査は、当事務所では必要のない検査ではなく、むしろ患者様のその後の生活のことを考えれば実施すべき必要性のある検査であると考えています。
治療が目的の医師と、証拠が目的の患者様サイドでは、必要なものが必ずしもイコールではありません。
専門医がいない、あるいは検査に必要な設備がないため、ある特定の検査が実施できない病院も多く存在します。
当事務所では、各分野の専門医と連携し、すべての傷病についても後遺障害に必要な検査が実施できる医療ネットワークを構築しています。

また、後遺障害等級が認定されなければ費用がかからないのも当事務所の特徴です。
賠償金の増額交渉は弁護士にしかできないので、私ども行政書士は後遺障害の認定が得られなければ報酬を頂く余地がありません。
そのため、相談を受けた時にMRIやCTなどの画像検証も行い、後遺障害の立証について正確な見通しを立てるように心がけています。
後遺障害等級認定の立証は早期からの対応が肝心で、証拠を得るタイミングを逃すと立証は困難となります。
後遺障害等級認定の見込みがないと判断した場合には、申し訳ございませんが受任をお断りさせていただくケースもあります。
着手金稼ぎなどはせず、無理なものは無理だと正直に申し上げることも専門家として必要であると考えるからです。
しかしその分、受任させていただいた案件につきましては全力で対応することをお約束いたします。
相談会は和やかな雰囲気です。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。