肩関節脱臼の被害者様への対応について

肩関節

肩鎖関節脱臼のグレード

Ⅰ 捻挫 肩鎖靱帯の部分損傷、烏口鎖骨靱帯、三角筋・僧帽筋は正常、XPでは、異常は認められません。
Ⅱ 亜脱臼 肩鎖靱帯が断裂、烏口鎖骨靱帯は部分損傷、三角筋・僧帽筋は正常です。XPでは、関節の隙間が拡大し鎖骨遠位端が少し上にずれています。
Ⅲ 脱臼 肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の端から外れていることが多く、XPでは、鎖骨遠位端が完全に上にずれています。
Ⅳ 後方脱臼 肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の端から外れている。鎖骨遠位端が後ろにずれている脱臼です。
Ⅴ 高度脱臼 Ⅲ型の程度の強いもの、肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂、三角筋・僧帽筋は鎖骨の外側1/3より完全に外れています。
Ⅵ 下方脱臼 鎖骨遠位端が下にずれる、極めて稀な脱臼です。

肩鎖関節とは鎖骨と肩甲骨の間にある関節のことです。
肩鎖関節脱臼は、肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯の損傷の程度や鎖骨のずれの程度等に応じて、上記の6つのグレードに分類されています。
多くははグレードⅢ未満で、グレードⅥは、滅多に発生しません。
Ⅰ・Ⅱ・Ⅲでは、保存療法が選択されることが多いです。

肩鎖関節脱臼による後遺障害

1)グレードⅠの捻挫では、後遺障害を残しません。

2)グレードⅡ・Ⅲでは、外見上、鎖骨が突出し、ピアノキーサインが陽性となります。
鎖骨突出

鎖骨の突出

裸体で変形が確認できれば、体幹骨の変形として12級5号が認められます。
あくまでも外見上の変形であり、XP撮影により初めて分かる程度のものは非該当です。
ピアノキーサインが陽性のときは外見上の変形を写真撮影し、後遺障害診断書に添付します。

鎖骨の変形と同じですが、骨折部に運動痛があるかないかが重要なポイントになります。
体幹骨の変形による12級5号では、骨折部の疼痛も周辺症状として含まれてしまいます。
つまり、疼痛の神経症状で12級13号が認定され、併合11級となることはありません。
痛みが立証されていなければ、変形で12級5号が認定されたとしても、特殊な職業でない限り損害賠償の逸失利益の部分は請求ができません。
しかし、痛みについて立証がなされていれば、10年程度の逸利益が期待できます。
変形に伴う痛みは、自覚症状以外に、鎖骨骨折部の3DCT撮影で立証しています。
変形が認められなくても、肩鎖関節部の痛みで14級9号が認定されることもあります。
等級がそのままだからといって、痛みの立証を決して疎かにしてはならないのです。

3)肩鎖関節部の靱帯損傷や変形により、肩関節の可動域に影響を与えることが予想されます。
こうなると、鎖骨の変形以外に、肩関節の機能障害が後遺障害の対象となります。
となれば、骨折部位の変形を3DCT、靱帯断裂はMRIで立証しなければなりません。
患側の関節可動域が健側の関節可動域の2分の1以下とは、手が肩の位置辺りまでしか上がらないイメージで10級10号が、患側の関節可動域が健側の関節可動域の4分の3以下とは、手が肩の位置よりは上がるけれど、斜め上までは上がらないイメージで12級6号が認定されます。

4)症状と後遺障害等級のまとめ

等級 症状固定時の症状
10級10号 患側の可動域が健側の2分の1以下となったもの
12級6号 患側の可動域が健側の4分の3以下となったもの

12級5号 鎖骨に変形を残すもの

14級9号 脱臼部に痛みを残すもの

併合9級 肩関節の可動域で10級10号+鎖骨の変形で12級5号
併合11級 肩関節の可動域で12級6号+鎖骨の変形で12級5号

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。