肩腱板損傷・断裂の被害者様への対応について

肩関節は、骨同士が軟骨で接する関節面が小さく、腱板と呼ばれるベルトのような組織が上腕骨頭の大部分を覆うようにカバーしています。
腕を持ち上げるバンザイの動きでは、腱板は肩峰、肩甲骨の最外側や靱帯からなるアーチの下に潜り込む仕組みとなっています。
アーチと腱板の間には、肩峰下滑液包(SAB)があり、クッションの役目を果たしています。

肩腱板は、肩関節のすぐ外側を囲む棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉で構成されていますが、交通事故では手をついて転倒した衝撃で肩を捻ることが多いため、圧倒的に棘上筋腱の損傷もしくは断裂が頻発しています。
棘上筋腱は上腕骨頭部に付着しているのですが、付着部の周辺がウィークポイントで、損傷および断裂の好発部位です。

棘上筋
棘上筋断裂

腱板の断裂では、激烈な痛みと腫れを生じます。
肩を他人に動かされたときに、特有の痛みが生じます。
腕を伸ばし、気をつけの姿勢で、ゆっくり横に腕を上げていくと肩より30°程度上げたところで痛みが消失します。
完全断裂の場合は自分で腕を上げることはできず、他人の力でも、疼痛のため肩の高さ以上は上がりません。 医師は、肩が挙上できるかどうか、肩関節に拘縮があるかどうか、肩を挙上したときに肩峰下に軋轢音があるかどうかをチェックし、棘下筋萎縮や軋轢音があれば腱板断裂と診断しています。
XPでは、肩峰と上腕骨頭の裂陵が狭くなり、MRIでは骨頭の上方に位置する腱板部に白く映る高信号域が認められます。

断裂がある場合は、肩関節造影を行うと、肩関節から断裂による造影剤の漏れが認められます。
エコーやMRIにおいても断裂部を確認することができます。

腱板は年齢と共に変性するのですが、肩峰と上腕骨頭の間に存在し、常に圧迫を受けています。


腱板断裂における後遺障害のポイント

1)肩腱板の部分損傷は、若年者であれば、大多数はリハビリ治療で治癒します。
事故直後は、痛みが強く、肩の可動域は大きく制限されますが、疼痛管理で炎症を押さえ、さらにリハビリで肩の動く範囲を取り戻していくことが大切となります。

2)肩腱板の広範囲断裂で、どの姿勢でも痛みが強く、夜間痛で眠れない、腕の運動痛が堪えがたいときは、若年者に対しては、腱板修復術が適用されます。
ところが、中年以上では肩関節の拘縮が懸念されるところから、安静下で2週間程度の外固定が実施されるのが一般的です。

3)肩腱板断裂は、MRIもしくはエコー検査で立証しなければなりません。
医師が、XP検査で肩峰と上腕骨頭の裂陵が狭小化していることを指摘しても、損保料率機構調査事務所では、腱板損傷や断裂を立証したと判断してくれません。しかし、肩関節に何かしらの異常が発生していることのサインとして、肩峰と上腕骨頭の間の狭小化の所見は有為です。

4)症状固定時期は、基本的には受傷から6カ月を経過した時点です。
治療を続けると当然可動域は改善していきます。その結果、等級の認定が受けられなくなる可能性があり、この点は要注意です。
後遺障害等級は、多くのケースで、肩関節の機能障害で12級6号です。(後遺障害診断書に記載された可動域に関わらず、です)
10級10号に該当するケースは、腱板の広範囲断裂、肩関節の脱臼、鎖骨の遠位端粉砕骨折等を合併し、なおかつ可動域が健側の2分の1に制限されているときとなります。

重篤な場合は、外転運動が60°以下に制限、他動値では正常値の180°ですが、自力でその位置を保持することはできず、医師が手を離すと腕は下降、断裂部に疼痛が生じます。
この状況をドロップアームサイン(drop arm sign)と呼ぶのですが、この被害者は、上肢の3大関節中の1関節の用を廃したものとして8級6号の後遺障害等級が認められます。

5)無料相談会ではMRI画像を分析、同時に被害者の肩関節の可動域を確認し、等級認定の可能性とおおよその等級を判断しています。
相談会では、MRI画像をぜひ持参していただけましたらと思います。

slide2take4

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。