後遺障害認定には常識性が問われる

後遺障害の認定には、常識が問われます。
いくつもの案件に対処させていただいて、強く感じることです。
どういうことかと言いますと、常識的な治療、常識的な受傷機転、常識的な症状、常識的な所見、これらが整った状態でなければ、後遺障害の認定はないということです。

常識的な治療

例えば、月に2回程度しか通院していない、ですとか、病院での受診をせず整骨院ばかりに通院している、などのケースです。また、症状があるにもかかわらず、その症状についての精密検査が行われていない状態です。
症状があるなら医師に診てもらい、まじめに通院しますよね?常識的には
簡単に言うとこういうことです。

常識的な受傷機転

どのような事故態様でその怪我に至ったのか、というのが受傷機転です。
自転車と自動車の接触事故だが自転車は転倒していない、自動車同士の接触だがかすった程度、駐車場内の逆突事故でほとんどスピードが出ていない、などのケースです。
これらの軽微な事故の場合、いかに医学的な資料が他に揃っていたとしても等級の認定はありません。
その事故でその受傷?ありえない。それは、元からある症状もしくは事故とは別の何かが原因と考えるのが自然です。常識的には
簡単に言うとこういうことです。

常識的な症状、常識的な所見

追突事故のむちうちで視力が大きく低下した、腰椎捻挫で痺れのために歩行ができない、関節面に至る骨折ではないのに著しい可動域制限がある、などのケースです。
医学的な根拠があり、それが症状と整合性を伴っていないと、等級の認定はありません。
少なくとも神経症状で14級が認定された可能性があったにもかかわらず、そういう不整合がある場合は非該当となります。
症状に伴った器質的損傷が発見されている場合は、当然に問題ないのですが(右膝打撲の傷病だったが、MRI撮影を行ったところ半月板断裂が発見された、など)、傷病名に伴った常識的な範囲の症状の訴えでなければ、信用性がなく認定がなされないのです。
その傷病でそれだけの症状はありえない。その骨折の部位で、常識的にそれほどの可動域制限が生じるわけないですよね?
簡単に言うとこういうことです。

まとめ

後遺障害の認定には、常識的な判断、条件が整うことが大切です。
これらの点につき、とんでもないアドバイスを行う専門家も多いのが実情です。
例えば、『保険会社から打ち切られるまでは治療をなるべく伸ばす方向でいきましょう』などというアドバイスです。
しかし、例えばむちうちで1年間の通院などをやると、常識性が疑問視されます。等級認定において、著しく不利となります。
専門家から言われたアドバイスについて、疑問がある方は、当事務所までフリーダイヤルでご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。