交通事故無料相談会などで、過失割合について、『保険会社はこちらの過失なしで全額みてくれると言っている』と相談者様がおっしゃるのを耳にすることがあります。
相談者様は過失なしを相手保険会社が認めたと認識されており、しかしながら事故状況をお聞きすると、過失がどう考えてもゼロではないと考えられる案件なのです。
では、なぜそういうことが起こるのでしょうか。

過失割合と自賠責保険

自賠責保険は、人身事故において、過失70%以下の場合は過失の適用をしません。
つまり、相手保険会社は、自賠責の120万円の範囲内においては、過失割合に関係なく自賠責保険から治療費を回収できるのです。
そのため、被害者に対して、『治療費は全額みさせていただきます』といった対応がなされることがあり、被害者はそれを信じて、上記の相談者様のようなケースとなるのです。

しかし、保険会社はその時点では、自賠責120万円を超えるような治療期間を想定していませんし、後遺障害の申請がなされるということも想定していません。あくまでも、自賠責120万円の範囲内で治療費の支払いが終わるだろうという想定のもとでそのような説明をしています
したがって、『治療費は全額みます』と説明されていたとしても、治療費が自賠責の範囲を超えた場合や、後遺障害が認定された場合は、過失割合について厳密に適用してくる可能性が高いと考えられます。

したがいまして、過失割合については、仮に保険会社が治療費の全額について負担を約束をしていたとしても、実際の過失割合については実況見分調書を取り付け、しっかりと検証しておくことが大切であると言えます。
過失関係なし、はあくまで自賠責の範囲内でのことであって、後遺障害が認定されるようなケースでは、その後の賠償交渉では厳密に過失割合の適用がなされる、という心構えのもとで準備を進めていくようにすべきです。
このようなケースでお悩みや疑問をお持ちの方は、フリーダイヤルにてお気軽にご相談ください。
無料相談からはじめる交通事故解決
このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。