腓骨神経麻痺について

腓骨神経は下腿を走行する神経で、坐骨神経から腓骨神経と脛骨神経に分かれます。
腓骨神経は膝の外側を通り、腓骨の側面を下降して足関節を通り、足指に達します。
膝を強打することによって発症しやすく、また足関節も好発部位です。
傷病名が前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、脛骨顆部のプラトー骨折、足関節の内外果骨折、下腿骨の遠位端骨折、などで足関節が下垂している場合は、注意が必要です。

症状について

腓骨神経は足関節と足指に支配領域があり、腓骨神経断裂では自力で足首や足趾を曲げることができなくなります。
足関節は下垂足の状態となり、自力で背屈ができません。
断裂は非可逆性で、改善はあまり期待ができません。
具体的には、靴下や靴がうまく履けない、右足の場合は右足ででアクセルやブレーキを踏めない、スリッパはすぐに脱げてしまう、走行不能、正座不能、常時杖や松葉杖が必要、などの状態となります。

深刻なのは疼痛と筋拘縮です。歩くことも困難で日常生活を送るにも非常に不便なため、足首を固定する距踵関節固定術を行う場合があります。その場合、足関節の可動域は失われます。

立証について

受傷からなるべく早期に腓骨神経麻痺の可能性を指摘し、神経伝達速度検査で立証していく必要があります。
また、脱神経所見は健側と患側で比較して立証しなければなりません。

次に、可動域については必ず自動値での計測を医師に求めなければなりません。他動値だと正常を示します。
また、前脛骨筋、長母趾伸筋、長趾伸筋、腓骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋について徒手筋力テストを受け、左右差を比較しておく必要があります。

腓骨神経麻痺

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。