CRPSについて

CRPSについて

交通事故などの外傷により、交感神経の緊張=反射が高まり、神経伝達物質、アドレナリンを放出、アドレナリンにき血管を収縮させる作用があり、これにより出血を止めています。
さらに、四肢の血管は収縮し、腫脹を防止します。
外傷が治癒に向かうと、交感神経の反射は消失、正常な働きに戻ります。

しかしながら、交感神経反射が消失せずに続いてしまうケースがあります。
アドレナリンが放出され続けることにより、血流障害を起こします。
血液は全身の細胞に酸素と栄養を送り、老廃物や不要なものを回収していますが、血流障害により、細胞に必要な栄養は届かず、老廃物は貯まる一方となります。

交感神経が緊張しているときは、副交感神経の働きは抑えられます。
副交感神経は臓器や器官の排泄や分泌を担当しています。
便や尿の老廃物の排泄、ブドウ糖を利用するときに必要なインスリン、ホルモンや消化酵素、タンパク質の供給が著しく低下し、身体は循環不全を起こします。

白血球は、顆粒球+リンパ球+単球で構成されていますが、交感神経優位のときは顆粒球が活躍しています。
顆粒球は血液の流れに乗り全身をパトロールしています。
体内に侵入した細菌や細胞の死骸を食べて分解し身体を守っているのです。
食事や休憩をしているときは、副交感神経優位となりリンパ球が活躍しています。
交感神経の緊張状態が続くと、顆粒球が増え続けます。
顆粒球は活性酸素を放出し、その強力な酸化力で細胞を殺傷することになります。

交感神経の暴走により、血流障害、排泄・分泌機能の低下、活性酸素による組織破壊、が起こり、これらの状況が長期間続いたことにより、灼熱痛を生じるものがCRPS(複合性局所疼痛症候群)と呼ばれています。

CRPSの認定要件

・関節拘縮が認められること
・骨萎縮が認められること
・皮膚温の変化、皮膚の萎縮が認められること
これらの症状が立証されたものについて、認定がなされています。
RSDではカウザルギーに比較すると、骨萎縮の発症がないこともあります。
そのかわりに、RSDはカウザルギーに比べて等級が低めに認定されている傾向があります。

いずれにしましても、自賠責におけるCRPSの認定基準は非常にハードルが高いと言えます。
すべての症状について認定要件を満たす被害者がそうは多くないのが実情のように感じることが多いです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。