ABR(脳波聴力検査)

聴性脳幹反応を見る検査です。
他覚的検査であり、オージオメーターで反応がでにくい場合によく併用されます。

一定の音を聞かせ、聴覚進路の脳幹から出てくる脳波をコンピュータで解析し、その脳幹反応を見ることで聞こえているかを検査します。
生後すぐでも反応が出るため、乳幼児や老人など、オージオメーターでは確実性に欠ける場合でも検査が可能です。
眠っていても検査をすることができます。

ABRは上記からわかるように、詐病することができない検査ですので、立証には非常に有力な所見となります。

 電極を付け、音に対する脳幹の反応度を測定しています

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。