症状固定について

受傷後治療を続け、ある程度症状が緩和したがある時期においてその症状(痛みやしびれなど)がおさまったりひどくなったりを繰り返す状態となり、その状態がずっと続くことになる場合があります。

この状態が今後も続くだろうと見込まれた場合、医学上妥当と認められる期間経過後に症状固定とすることが実務上行われています。症状固定がされた日を症状固定日といい、固定日以後の治療費は保険会社は支払いません。

医師に後遺障害診断書を書いてもらった日が症状固定日となりますので、その後の治療費のことを考えますと、症状固定日をいつにするかという問題は非常にデリケートな問題です。ただ、後遺障害診断書は保険会社が勝手に医師に書いてもらうことはありませんし、被害者が医師に頼んではじめて医師が後遺障害診断書を書くことになります。

したがいまして、被害者自身が十分に納得した上で医師に後遺障害診断書の作成をお願いすることが大切です。
また、後遺障害診断書に書かれる医師の意見は、認定の際に非常に重要なポイントとなります。日頃から医師と十分なコミュニケーションをとっておくことが重要になります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です