高次脳機能障害の被害者に見受けられる、特徴的な症状についてピックアップしてご紹介します。(すべてが当てはまるというわけではありません)

脱抑制

・場所をわきまえず大声を出す
・待つことができない
・急に怒り出し、物に当たったりする
・言葉遣いが荒い
・些細なことで激昂する
・イライラしていることが多く落ち着かない

易疲労性

・じっと座っていることができない
・視点が合わない
・欠伸をしたりぼーっとしていることが多い
・何事にも耐久力がない
・反応が鈍い、呼びかけになかなか応えない

発動性の低下

・ぼーっとしていることが多い
・自分から物事を開始することができない
・会話が続かない
・いつもやる気がない
・興味がなかなかわかない
・一点を見つめたまま動かない

注意力の低下

・人の話を最後まで聞いていられない
・注意が散漫
・課題を続けることができない
・問いかけても返事をしない
・一つの場所にとどまっていられない
・食事中でも動作が中断される

記憶障害

・何度も同じことを質問する
・言われたことをすぐに忘れてしまう
・人や物の名前が覚えられない
・何度も同じ間違いを繰り返す
・昨日の食事が思い出せない
・約束を頻繁に忘れてしまう
・生活が繋がらない

遂行機能障害

・予期できないことが起こるとパニックになる
・何事も段取りが悪い
・パニックになりやすく、修正がきかない
・複数のことを同時に行うことが困難
・メモをとりながら電話対応ができない
・何事にもこだわり、前に進まない

言語障害・失語症

・指示が理解できない
・読み書きができない
・文字が読めないが、絵は理解できる
・会話が続かない
・擬音しか発することができない
・言葉がなかなか出てこない
・流暢に話すことができない
・人が何を言っているのか理解できない

病識の欠如

・訓練や治療、通院を拒否する
・自分の問題を理解できない
・障害の存在を否定する
・入院中であるのに、仕事に行くと言い出す
・常に問題は自分以外にあると思っている

以上、高次脳機能障害の被害者様に特徴的に見受けられる症状について、ピックアップしてまとめました。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。