高次脳機能障害 特徴的な症状⑥

注意力・集中力の低下

注意力・集中力の低下には、大きく分けて二つの能力の低下をさします。
①集中を持続する力
②多くの中から必要なものをピックアップする力

これらの能力は前頭葉に支配されており、日常生活のあらゆる場面において影響を与える重要な機能です。
以前にご紹介した、『易疲労性』『脱抑制』と併せて現れることが多く、高次脳機能障害の被害者には全般的に見られる症状です。
c_n_11

具体的な例

・ぼーっとしていることが多い
・注意が散漫である
・物事に集中を維持することができない
・ささいな刺激にすぐに気が散ってしまう
・人の話を最後まで聞くことができない
・すぐに視線を逸らす
・話についていくことができない

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。