高次脳機能障害 審査がなされるための前提となる3要件

高次脳機能障害には、 これこれこうした状況が無ければ高次脳として議論されることはありませんよ! という前提条件(私はこれを 【3要件】 と呼んでいます)があります。 これは下肢外傷などと全く同じで、つまり 自覚症状 の根拠たる 他覚的所見 があるか?という話です。

要件①傷病名及び自覚症状

脳挫傷、び慢性軸策損傷・脳損傷、急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血、脳室出血、骨折後の脂肪塞栓による低酸素脳症、気脳症、頭蓋底骨折など。こうした傷病名一切無しではそもそも論として脳損傷は議論されません。また、自覚症状(周囲は気付いているが本人だけが把握していないものを除く)が何も無ければ、それは後遺症とは呼べないと考えるのが一般的ですので、自覚症状が皆無の場合も高次脳機能障害を議論することは出来ないでしょう。

要件②画像所見

上記傷病名が各画像で確認可能であることが必要です。特に「びまん性軸策損傷」では点状出血をキャッチできるタイミングが、頭蓋底骨折では骨折をCTで確認出来るタイミングが、それぞれ受傷直後に限られます。なるだけ急いで、MRI(通常撮影に加えDWI、T2フレアー)等の撮影を受けて下さい。時間の経過とともに確認可能となる 脳萎縮 や 脳室拡大 も重要な所見となります。

要件③意識障害

頭部外傷後の意識障害(JCS2~3桁、GCS12点以下のもの)が少なくとも6時間以上続いていること。健忘症あるいは軽度意識障害(JCS1桁、GCS13~14点)が少なくとも1週間以上続いていること。この確認のために、自賠責は独自の書式を準備しています。

事故から1年を経過して、当時の担当医に 「受傷直後の意識レベルを書いてください」と依頼をかけます。 真面目に対応してくださる先生がほとんどですが、中には 「そんなん覚えてません!でもまあ・・・大体・・・こんな感じ?」 重度の意識障害があったにも関わらず、すぐに意識は清明となった! 大雑把な記載をされてしまう被害者さんが後を絶ちません。

ですから、重要なノウハウですが、受傷後少し症状が落ち着いてきたら、主治医がいなくなる?忘れる?忙しくなる? 様々な状況の変化が起きる前に、できる限り早期に書いていただくべきです。極めて重要なポイントです。

 

上記3要件、3つ揃ってはじめて自賠責等級認定のレールに乗ります。この要件が満たされなければ、自賠責が事故による後遺障害として認定をすることはありません。異議申し立ても非常にに難しく、訴訟での逆転を目指すしかなくなるケースがほとんどです。表現は適切ではないかもしれませんが、上記の3要件を満たしているかどうか、は試験で言えば足きりです。ふるいにかけられ、3要件を満たしている者のみやっと試験の解答用紙(医証)が精査されることになるのです。

3要件のチェック、非常に大切なポイントです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。