飛蚊症について

最近、相談会において被害者様が飛蚊症を思わせるような症状を訴えておられたことが何件かございました。
そこで、飛蚊症について書きたいと思います。

飛蚊症とは

明るい所や白い壁、青空などを見つめた時、目の前に虫や糸くずのような浮遊物が飛んでいるように見えることがあります。
視線を動かしてもなお一緒に動いてくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。
このような症状を、飛蚊症といいます。

この浮遊物の原因は、「濁り」です。
眼球は大部分が硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。
角膜と水晶体を通して外部から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。
ところが、硝子体に「濁り」が生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に写り、眼球の動きとともに揺れ動き、虫や糸くずが飛んでいるように見えます。これが、飛蚊症のメカニズムです。
では、この「濁り」の原因はなんでしょうか。
それは、
・生まれつきのもの
・老化によるもの
・病気を原因とするもの
・外傷を原因とするもの
に分類することができます。

生まれつきのもの

胎児の間、硝子体には血管が通っています。
眼球が完成されるとその血管は消失するのですが、まれに生まれた後もその血管の名残が硝子体に残存する人がいます。
その場合、その血管の名残が「濁り」となって飛蚊症の症状を感じることがあります。
これは健康な目に起こる現象であり、特に問題はありません。

老化によるもの

ほとんどの飛蚊症の原因は、この老化によるものです。
年齢を重ねると硝子体がゼリー状から液状に変化し、硝子体は収縮し網膜から剥がれていきます。
このような変化が「濁り」をもたらし、飛蚊症の症状の原因となります。
この場合も、それほど気にならなければ特に心配はいりません。

病気を原因とするもの

網膜裂孔(網膜に穴が開くこと)や網膜剥離の症状として、飛蚊症の症状が出現することがあります。
この場合の特徴は、急激に浮遊物の数が増加することです。
この場合は放っておくと失明に至ります。
早急に眼科の治療を受けなければなりません。

外傷を原因とするもの

眼底での出血が硝子体に混入すると、飛蚊症の症状が現れることがあります。
この場合、視力が急激に低下することもあります。
つまり、眼窩底の骨折や頭部外傷を契機に血液が硝子体に混入し、そのことを原因として飛蚊症になることがあるのです。
したがって、眼窩部の骨折を伴う場合は、飛蚊症の症状は十分に立証の余地があります。

しかしながら、一般的なむちうちでは、飛蚊症にはなりえません。なぜなら、硝子体が傷つくはずがないからです。
むちうち後に飛蚊症の症状が現れた場合は、それは頸椎由来の症状ではなく、別の原因によるものです。
後遺障害の対象にはなりません。
このようなケースでは、眼科で何が原因なのかを精査することぐらいしか我々もアドバイス申し上げることができません。

無料相談

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。