頭部画像 MRIかCTか?

頭部の画像において、MRIかCTか、どのように選択・使い分けがなされているのでしょうか?

MRIはCTと比較して、頭蓋内病変の描出に優れています。多くの疾患において、第一選択の画像診断です。
しかし急性期脳出血、特にくも膜下出血についてはMRIの感度はCTに劣るため、急性期頭部外傷や急性期脳血管障害ではCTが優先されています。

また急性期の脳梗塞の場合では、MRIの有用性が確立されていますが、治療の適用の判断においてはCTが優先されています。
おおまかに言うと、急性期のもの以外は基本的にはMRIが第一選択とされています。

しかし骨の変化や組織内石灰化の診断にはCTの方が鋭敏度、特異度共に優れていることから、多くの頭部外傷のケースでMRIとCTは相補的な役割を果たします。

頭部外傷におけるMRIとCTの役割については、以下のようにまとめることができます。

MRIが有用(CTでは所見が得られにくい)な疾患

・軸索損傷
・脳幹部損傷

MRIによってCTに付加する情報が得られる疾患

・慢性期のくも膜下出血

CTが有用な疾患

・急性期のくも膜下出血
・急性期の脳挫傷
・骨病変の診断

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。