頚椎椎間板ヘルニア(頸椎捻挫、外傷性頸部症候群)の診断と治療

診断について

診断は、神経症状の有無の確認をしたうえで、MRIによる画像診断によって行います。
ヘルニアを起こしやすい椎間板はC4~C7で、C5~C6が最も多い。
神経症状の有無が確定診断の大きなポイントとなるため、MRIによって椎間板の脱出が認められただけでは頸椎椎間板ヘルニアとは診断されません。
高齢者の場合など、MRIによって椎間板の変形、脱出が確認されることは多いですが、痛みや神経症状もなく、進行もしないことが多い。

神経症状の確認

・反射・・・腱反射を調べて、神経症状の有無を確認します。神経根症では、上腕の腱を叩いて反射の減弱や消失、亢進(反射が強く早く出る)がないかを調べます。症状がある腱の部位によって、頸椎の何番目に問題があるのかが診断可能です。脊髄症では足の腱反射が亢進し、手足に病的反射が見られます。

・知覚・感覚・・・皮膚の知覚・感覚の異常を検査します。触覚、冷たさや温かさ、振動、痛みなどの感覚に異常がないかを調べます。知覚・感覚でも、異常がある部位によって頚椎の何番目に異常が起きているのかがわかります。

・徒手筋力テスト・・・筋力の低下の有無を確認する検査です。患者が腕や指の曲げ伸ばしを行い、医師が手で抵抗力をかけて、筋力の低下の有無を調べます。「全く動かせない」から「強い抵抗力でも打ち克って動かせる」まで、六段階で評価されます。

画像診断

・MRI・・・必要不可欠な検査で、椎間板の突出を画像により診ることができます。神経症状により圧迫が疑われる部位と、MRIにより確認できる椎間板の突出と神経根もしくは脊髄の圧迫の部位が一致すれば、頸椎椎間板ヘルニアと診断がなされます。後遺障害認定の立証の観点から言うと、この時点で『画像と神経学的所見が整合性をもって立証できた』と言えます。

・単純XP・・・脊柱管が狭い、など骨を起因とするものを診断するさいに実施される、欠かせない検査です。頸椎すべり症、後縦靭帯骨化症、骨棘などヘルニア以外の傷病が診断可能です。

・神経根ブロック、筋電図・・・画像で圧迫のある頸椎の特定が難しい場合に、神経根ブロックや筋電図の件さが行われます。神経根ブロックは麻酔薬で麻痺をさせて、どこが圧迫されているのかを一つ一つ調べていきます。筋電図では、どの神経が支配している筋力が低下しているのかを調べます。

・疼痛誘発テスト・・・首を後ろに反らすなどの動きによって、首の痛みや腕から指先への痺れに変化がないかを調べます。反らすことで痛みや痺れが大きくなる場合は、神経根が圧迫されている可能性があると考えられます。

治療について

痛みや神経症状が我慢できる範囲であれば、疼痛を軽減する薬物療法や神経ブロックなどの保存療法を併用しながら自然治癒を待つことがほとんどです。疼痛が激烈な場合は除圧手術が選択される場合もあります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。