鎖骨骨折のポイント

鎖骨骨折の場合、後遺障害の可能性として以下の点をチェックする必要があります。

1.肩関節可動域制限

2.変形癒合

3.疼痛の残存

4.上腕神経麻痺

1.可動域制限については、機能障害としての等級認定です。ただし、可動域の数値だけで判断がなされるわけではなく、あくまでも骨癒合の状態を勘案したうえで認定がなされます。画像の確認もせず、可動域の数値だけを見て「~級が認定される可能性があるでしょう」?などという専門家には気を付けてください!

2.変形癒合については、画像の状態はもちろんですが、[裸体で確認ができる]必要があります。その際、写真を添付して申請をします。12級5号が認定されます。

3.疼痛の残存は、神経症状を残すもの、として14級9号が認定されます。ただし、機能障害や変形癒合で認定がなされなかった場合に認定がなされ、機能障害や変形癒合で認定がなされた場合は、疼痛の残存はその等級の評価に含まれています。

4.上腕神経麻痺は上腕神経が骨折に伴って損傷したケースで、麻痺の残存を医学的に立証しなければなりません。等級の評価としては、可動域制限で機能障害として認定がなされます。

肩関節に接する部分を「遠位端」、骨の幹の部分を「骨幹部」、胸鎖関節に接する部分を「近位端」と3分します。骨幹部骨折ならば、ひどい転位(骨がずれてくっつく)や短縮(骨が短くなってくっつく)がない限り、肩関節の可動域の制限は起きません。したがって変形がないか、上腕神経に影響はないかをチェックします。それらがない場合、残存する痛みやしびれ、その他不具合を申告してもらい、神経症状での等級認定につなげます。

ポイントは、骨折部分の特定と、その骨癒合の状態、つまり画像です。いくら可動域制限が数値として後遺障害診断書に記載がなされたとしても、画像で問題なく骨癒合がなされた場合は、その骨癒合に応じた等級認定がなされるのです。

数値のみを鵜呑みにしてはならない! 骨癒合が良好に得られているにも関わらず可動域に深刻な制限が出ているとすれば、その原因は他の部分にありますので(肩腱板損傷など)、それをつきとめなければなりません。それが大切なことです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。