運行とは? ~運行にあたる場合、あたらない場合~

自賠法3条に、以下の条文があります。

自賠法3条 自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかったことを証明したときは、この限りでない。

運行とは、自賠法2条で「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう」と定められています。
運行の意義は、「当該装置」をどのように解釈するかで議論がなされてきました。

運行にあたる場合

・走行中・・・エンジンの故障によりロープで牽引されているが、自らのハンドル操作などにより操作の自由を有する場合には、故障車自体の運行行為となります。

・停車中・・・道路上に駐停車することは、他の車両の円滑な進行を阻害し、他の車両、通行人に危険を生じさせる原因となり、運行にあたると解釈されています。停車中のドアの開閉による事故も運行による事故となります。

・特殊自動車・・・ダンプカー、フォークリフト、ミキサー車、クレーン車等の特殊車も「当該装置」として解釈します。

運行にあたらない場合

・荷物の積み降ろし・・・走行と荷物の積み降ろし作業との間に連続性が認められない場合は、運行にあたらないと解釈されています。

・自然現象・・・自然現象を原因とする自動車事故は、運行にあたって起こった事故とは解釈されません。

・工場内・・・修理作業や車両整備を行っているときの事故は、運行によって起こった事故とは解釈されません。

運行供用者

自己の為に自動車を運行の用に供する者を、運行供用者といいます。
その運行による利益が帰属していたかどうかで判断されます。多くの場合、自動車の保有者や車を貸した人が含まれます。しかし、盗難車については運行の利益は及びません。

なお、
・自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと
・被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと
・自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかったこと
を加害者側が完全に立証した場合は、加害者は事故の責を負わないこととなります。つまり、被害者側は加害者の自賠責保険が使えなくなります。(厳密に言えば、加害者は加害者ではなくなります)
しかし、これら三つの条件が加害者側で完全に立証されない限り、加害者は責を逃れることができないので、自賠責保険は被害者にとっては非常に有利です。つまり、自賠責保険は被害者を救済する意図の強い保険であることがわかります。

交通事故のご相談はお早めに!

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。